2012年01月08日

仮設支援情報レポート No.33

仮設支援連絡会 支援情報レポート

震災がつなぐ全国ネットワークの分科会として全国各地で仮設住宅支援を行っている団体が集まる仮設支援連絡会が発足しています。各地の仮設住宅への支援に関するレポートをお伝えします。
ROADプロジェクト東京事務局 頼政良太

過去のレポートはこちら↓
http://blog.canpan.info/shintsuna/category_39/
--------------------------
〜雇用促進住宅〜
遠野市では、40戸の仮設住宅のほかに雇用促進住宅に約60世帯ほどの方々が沿岸部から入居されています。また、雇用促進住宅のほかにも民間の賃貸住宅にも入居されている方々がいます。こういった沿岸部の方々が入居されている仮設以外の賃貸住宅などのことを「みなし仮設」と呼んでいます。「みなし仮設」は家賃の補助などを受けることが出来ますが、仮設住宅のように外観では判断がつきません。雇用促進住宅などある程度まとまって入居されているところはわかりやすいですが、民間のアパートはボランティアではなかなかわかりません。

先日、遠野市の雇用促進住宅へお邪魔しました。この雇用促進住宅には、釜石の方や大槌の方などの沿岸部から避難している方が入居しています。間取りは仮設よりは少し広く、5階建のマンションでエレベーターなどはありません。雇用促進住宅に入居された方も家が津波によって流されるなどの被害を受けています。仮設住宅に入居された方と家の状況はそれほど大きな差があるわけでなありません。

遠野市の仮設住宅には「物資」としてみかんが配られたり、色々なイベントがあったりとボランティアが活動しています。一方で雇用促進住宅の方々に対しては、中々物資が配られなかったりイベントもやりづらいという環境があります。雇用促進住宅に入居された方は、「仮設住宅に入った人ばかりに支援が集中して、私たちには全然支援がない」という気持ちを持っていらっしゃる方が多いです。ただ単に「物資」を雇用促進住宅に配ればいいわけではありませんし、うまく地域の方々や仮設住宅の方たちともつながっていけるようなきっかけを作る支援というものが必要かもしれません。

先日、伺ったお宅では「やっぱり何かすることがないと暇だから」ということをおっしゃっていました。
「手芸でもパッチワークでもやりたいけど、私たちも全部流されたから道具があまりないの」とおっしゃっていました。また、沿岸部から遠野へ来ているので遠野の手芸教室に行くにも、そういった情報をどこで集めるのかが分からない状況です。伺ったお宅のお母さんはかなり積極的な方だったので、自分で色々なところへ行って情報を集めているようですが、なかなか外に出られない方もたくさんいらっしゃいますので、情報を届けていくということも必要です。

仮設住宅やみなし仮設を含めて、入居している方々を地元の人たちとどうつなげていくか、ということもボランティアの役割の一つなのではないかと思います。地域で人を支えるということがこれからもっともっと大切になるのではないでしょうか。
posted by よりまさ at 12:00| Comment(0) | 仮設支援レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

仮設支援情報レポート No.32

仮設支援連絡会 支援情報レポート

震災がつなぐ全国ネットワークの分科会として全国各地で仮設住宅支援を行っている団体が集まる仮設支援連絡会が発足しています。各地の仮設住宅への支援に関するレポートをお伝えします。
ROADプロジェクト東京事務局 頼政良太

過去のレポートはこちら↓
http://blog.canpan.info/shintsuna/category_39/
--------------------------
〜陸前高田支援ネットワーク〜
陸前高田市では今まで支援に入っていた団体同士の連絡会が立ち上がっていませんでした。オートキャンプ場モビリア仮設住宅では、モビリア仮設の支援協議会が立ちあがり、どのような支援活動をするかをNPO/NGOと行政(保健師さんなど)と一緒に協議しています。しかし、一方で陸前高田全体を把握していくような連絡会が立ち上がっておらず、行政との連携も不十分なところがありました。

そこで陸前高田市災害ボランティアセンターが呼びかけて市内で活動する団体を集める会を開きました。陸前高田市内で活動している団体は地元を含めて、約80団体ほどになるそうです。しかし、これまでお互いの活動がどういったものなのか?どういう協力体制が築けるのか?というようなことを話し合う場がありませんでした。今回の連絡会では、まずは顔合わせの意味合いもありほとんど自己紹介のみで終わってしまいました。仮設の自治会長さんも来てくださり、今後へ向けて一歩を踏み出したところという所です。今回は行政の担当者の方は別の予定が重なったため来られていませんでしたが、次回以降は参加をする予定だそうです。

また、陸前高田市内で活動する団体が加入するメーリングリストも作成されました。このメーリングリストで各団体間が協力し、たとえば物資を融通しあったり助成金の情報を流したりということが行われ始めています。各団体がこうやって団体間がつながり顔が見えるようになることで、より復興への支援活動が充実していくのではないかと思います。

連絡会は次回以降にどのような議論を深めていくかも今後は考えていかないといけません。第1回目は自己紹介のみで終わってしまいましたので、ただ集まるだけでなくネットワークをどう機能させていくかということが次に大切になるのではないかと思います。これから特に復興の中心を担っていく地元の団体がどうやって他と連携を取っていくか?ということが非常に大切だと思いますし、外部支援の団体もそのあたりをしっかりと意識して関わっていくことが大切なのではないか?と思います。
posted by よりまさ at 12:00| Comment(0) | 仮設支援レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。