2012年10月02日

ボランティアが来るだけで嬉しくなる ボランティアが来るだけで嬉しくなる

みなさま、いつもお世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。

9月6日〜10日まで事務所がお隣の日本財団学生ボランティアセンター(GAKUVO)の引率者として岩手県に行ってきました。GAKUVOでは活動のアレンジを遠野まごころネットにお願いしています。ですのでガレキ撤去活動などの間に仮設住宅などを数か所回らせていただきました。

久しぶりに仮設住宅を何か所か回らせていただきました。
釜石では、今年度から仮設住宅支援員制度が出来て仮設住宅の集会所には常駐の支援員さんが配置されています。また、ボランティアの受付などは釜石市のコールセンターで行っています。仮設住宅の自治会の負担を軽減しようという仕組みですが、一方で集会所が使いづらくなったという声も一部では出ています。住民の方が自主的に集会所を使いたくても予約をしなくてはならなかったり、支援員さんが常駐しているので入りづらいということだそうです。
DSCF0001.jpg
※大船渡市の仮設住宅集会所。大船渡市でも支援員さんが常駐している。

全ての集会所でそういったことが起こっているわけではなく、うまくいっている集会所もありますが、住民の方が気持ちよく使える集会所に出来るようにしていかなければいけないと思います。仕組みだけではなく、現場でうまく支援が出来るために必要なことを考えていかなければならないと思います。
DSCF0041.jpg
※宮古市田老町の仮設住宅集会所。団地によっては自分たちで飾り付けをしたり花を植えているところもある。

ある仮設住宅では、「最近ボランティアはめっきり減ったのよ。寂しいわね。」と言われました。仮設住宅ごとにボランティアの数はばらつきがあるようです。久しぶりに出会ったこの方は、再会をとても喜んでくださいました。こうしてただ単に会いに来る人がいるというのも嬉しいといった様子でした。最後に「私たちも忘れないでね。」とポツリと言われました。

ボランティアがどうやって被災した方々に寄り添っていくのか、まだまだ課題はたくさんあると感じます。
それぞれのボランティアが色々なことを感じながら、考えながら活動していくことが大切ではないでしょうか?
posted by よりまさ at 11:22| Comment(0) | 仮設支援レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。