2012年12月21日

第4回全国足湯ボランティア交流会を開催しました!

12月8-9日の2日間にわたって、第4回全国足湯ボランティア交流会を開催致しました。
前日には大きな余震があり、津波警報も発令され緊張感が漂いましたが大きな被害もなく無事開催することが出来ました。
今回の会場は東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室の方々のご協力により、東北大学片平キャンパスを借りることが出来ました!
DSC03875.jpg
↑東北大学の東谷先生から開会のあいさつをしていただきました。

今回のテーマは「3年目の被災地を考える」ということで、今後の被災地支援活動をどのように展開していけば良いのかについて様々な意見が出ました。
今回の足湯ボランティア交流会は、東日本大震災ボランティア交流会議と同時開催ということで行っています。ですので、3年目の被災地に関わるボランティア全般がテーマになり、その中で足湯ボランティアについても触れていくという形で進めていきました。

はじめに東北大学の教授である村松先生から基調講演をいただきました。
「東日本大震災の現状と課題」というテーマでご講演いただき、被災地内の現在の課題やボランティア活動についてお話していただきました。
復旧・復興のスピードが市町や地域によって全く違っている現状や多種多様な課題が浮き彫りになってきていることなどをわかりやすく説明していただきました。
例えば、仮設住宅を取ってみても、自治会が出来ているところもあれば、出来ていないところもあるというのが現状です。
ボランティア活動もたくさんの支援が入っているところもあれば、ほとんど支援が来ていないところもあるところもあります。
そういった中でボランティア活動の内容もどんどん変わってきています。
これまでの泥だしやガレキ撤去中心の活動といういわゆる下支えの支援から、人が人として生きるための支援、Stand-by(寄り添い)の支援に変わってきているというお話でした。
まさに足湯ボランティアは一人ひとりに寄り添った支援活動と入れるのではないかと思います。
DSC03881.jpg
↑村松先生の基調講演

その後は各団体の活動報告があり、各地で活動する学生を中心としたボランティア活動の報告がありました。
今後も継続的な支援活動をしていくために何が出来るのか、ということをどの団体も考えながら活動をしているということでした。
そうした若い力が今後も必要になるだろうと感じます。
DSC03897.jpg

DSC03899.jpg
↑学生ボランティアや支援団体の活動報告

その後のパネルディスカッション、2日目のプログラムについては次のレポートで書きたいと思います!
posted by よりまさ at 18:25| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。