2012年08月22日

夏休みの足湯ボランティア

8月に入り蒸し暑い日が続いていますが、
そんな中足湯ボランティアは東北被災地での活動を続けています。
大学も夏休みに入り、参加者には若い学生が多くみられるようになりました。
彼・彼女らは、何かしたいという想いから行動につながっています。
特に災害ボランティアの経験がない、という学生も多く参加してくれています。

今回はそうやって関わってくださっている足湯ボランティアさんの感想をご紹介します。
※ここで紹介している感想は学生さんだけではなく、全体から選んだ感想です。

・1年5ヵ月経つけど、被災した人にとっては、昨日のように感じてるんだなと思った。
・足湯を通して、被災した方の今のリアルな声を聴くことができて、東日本大震災は昔のことではなく、今も続いているんだなと実感しました。継続的な支援の大切さを感じました。
・ここ(陸前高田市)の仮設の人たちはとてもあたたかい。一年以上経って、少し生活も落ち着いたせい?それだけではない心の豊かさを感じる。
・楽しかったり、温かい気持ちになって涙したり、とても真剣になて話し合ったり、本当に濃い時間を過ごすことができました。
・足湯に来る、というよりは、ボランティアさんに会いに来るという方が多く、こちらも嬉しい。
・「足湯の人は顔なじみが多いから安心して来れる」という声が多く、継続的な支援の必要性を感じる。

こうやってボランティアさんの感想を見てみると、足湯を通して被災者の方と触れ合うことでボランティア側も何かしら想いを受け取ったり、元気づけられたりしている様子も見られます。
こうした双方向のやり取りの中から実は被災した方々が自立をしていくのではないかと感じています。
ボランティア対被災者というやり取りではなしに、あなたとわたしという関係性が大切だと感じます!
posted by よりまさ at 16:32| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。