2012年11月15日

第14回仮設支援連絡会を開催いたしました。

第14回仮設支援連絡会を開催しました

みなさま、いつもお世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。

11月2日(金)に日本財団ビルにて第14回仮設支援連絡会を開催致しました。
※仮設支援連絡会とは?
仮設支援連絡会は、2011年6月に発足した会議で仮設住宅など被災地での課題について情報共有をする会議です。主に震災がつなぐ全国ネットワークの加盟団体や関係団体が集まっていますが、どのような方でも参加することが出来る会議です。

まずは、10月9日に開催された第8回情報交換会in飯坂(福島)の報告がありました。
福島の支援は「つながり」「交流」がキーワードになっているが、現状は十人十色でひとくくりに出来ない。方針を出す段階にもまだ到達していない。支援者としては、「忘れない・とぎれない」支援が必要。というような意見が出ていました。

その後、ゲストからの報告をしてもらいました。
今回はゲストとして、まちづくりコンサルとして福島県新地町に関わっている(株)地域計画連合の江田さんにお越しいただきました。
私たちボランティア活動をしている者からすると、町の復興計画がどのように出来上がっていくのかなどはなかなか見えづらいところですが、そういった復興計画作りなどに取り組まれているコンサルという立場から、復興計画が出来るまでの流れや取り組みについてお話をしていただきました。

また、そういった復興計画を作っていく中で、コンサルの方たちとボランティア、そして住民とがしっかりと意見交換できるような場を作っていく必要があるという提案もありました。また、やはり顔の見える関係がある場合とない場合とでは、計画なども進み具合が違うというようなお話もありました。

また、各団体の来年度の展望などについても話し合いました。
今後の支援活動についてもしっかりと考えて「忘れない・とぎれない」支援が出来るようにしていかないといけないと感じました。

次回の情報交換会は12月3日、仮設支援連絡会は1月21日です。
posted by よりまさ at 15:21| Comment(0) | 仮設支援連絡会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。