2012年12月12日

第10回情報交換会in一ノ関を開催致しました。

みなさま
お世話になっております。被災地NGO恊働センターの頼政です。

12月3日(月)に第10回情報交換会in一ノ関を開催致しました。
今回は岩手県の一ノ関市文化センターでの開催となり、県内外から20数名の参加者が集まりました。

第9回の情報交換会から全体的に話の内容のテーマが変わってきています。
これからの被災地支援のキーワードとして、「交流とつながり」が明確になってきました。
直接的な支援活動もあるけれども、ボランティアと被災した方々がどのように交流し、そしてつながりを作っていくかということを多くの方がおっしゃっていました。
また、被災した方々1人ひとりが自立できるように、そして地域が自立していけるような支援活動も求められている中で、どのようなボランティア活動のプログラムを実施していくかをもっと考えなければならないと感じました。

一方で、貧困の問題や里親などの問題についての言及も有りました。
被災地特有の課題というよりもむしろ日常に潜んでいる問題がより深刻化しているということが顕著に見えてきているんじゃないかと思います。
支援員や相談員だけでは、網羅できない個別の課題がありそこになかなか対応しきれていないというのが現状だというお話でした。震災が原因だけども、複雑で見えにくい問題が深刻化しているケースがあり、そういったところにどのようにボランティアが取り組んでいくのかも今後の課題だと感じます。
posted by よりまさ at 16:21| Comment(0) | 情報交換会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。