2012年12月21日

第4回全国足湯ボランティア交流会を開催しました!

12月8-9日の2日間にわたって、第4回全国足湯ボランティア交流会を開催致しました。
前日には大きな余震があり、津波警報も発令され緊張感が漂いましたが大きな被害もなく無事開催することが出来ました。
今回の会場は東北大学東日本大震災学生ボランティア支援室の方々のご協力により、東北大学片平キャンパスを借りることが出来ました!
DSC03875.jpg
↑東北大学の東谷先生から開会のあいさつをしていただきました。

今回のテーマは「3年目の被災地を考える」ということで、今後の被災地支援活動をどのように展開していけば良いのかについて様々な意見が出ました。
今回の足湯ボランティア交流会は、東日本大震災ボランティア交流会議と同時開催ということで行っています。ですので、3年目の被災地に関わるボランティア全般がテーマになり、その中で足湯ボランティアについても触れていくという形で進めていきました。

はじめに東北大学の教授である村松先生から基調講演をいただきました。
「東日本大震災の現状と課題」というテーマでご講演いただき、被災地内の現在の課題やボランティア活動についてお話していただきました。
復旧・復興のスピードが市町や地域によって全く違っている現状や多種多様な課題が浮き彫りになってきていることなどをわかりやすく説明していただきました。
例えば、仮設住宅を取ってみても、自治会が出来ているところもあれば、出来ていないところもあるというのが現状です。
ボランティア活動もたくさんの支援が入っているところもあれば、ほとんど支援が来ていないところもあるところもあります。
そういった中でボランティア活動の内容もどんどん変わってきています。
これまでの泥だしやガレキ撤去中心の活動といういわゆる下支えの支援から、人が人として生きるための支援、Stand-by(寄り添い)の支援に変わってきているというお話でした。
まさに足湯ボランティアは一人ひとりに寄り添った支援活動と入れるのではないかと思います。
DSC03881.jpg
↑村松先生の基調講演

その後は各団体の活動報告があり、各地で活動する学生を中心としたボランティア活動の報告がありました。
今後も継続的な支援活動をしていくために何が出来るのか、ということをどの団体も考えながら活動をしているということでした。
そうした若い力が今後も必要になるだろうと感じます。
DSC03897.jpg

DSC03899.jpg
↑学生ボランティアや支援団体の活動報告

その後のパネルディスカッション、2日目のプログラムについては次のレポートで書きたいと思います!
posted by よりまさ at 18:25| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

夏休みの足湯ボランティア

8月に入り蒸し暑い日が続いていますが、
そんな中足湯ボランティアは東北被災地での活動を続けています。
大学も夏休みに入り、参加者には若い学生が多くみられるようになりました。
彼・彼女らは、何かしたいという想いから行動につながっています。
特に災害ボランティアの経験がない、という学生も多く参加してくれています。

今回はそうやって関わってくださっている足湯ボランティアさんの感想をご紹介します。
※ここで紹介している感想は学生さんだけではなく、全体から選んだ感想です。

・1年5ヵ月経つけど、被災した人にとっては、昨日のように感じてるんだなと思った。
・足湯を通して、被災した方の今のリアルな声を聴くことができて、東日本大震災は昔のことではなく、今も続いているんだなと実感しました。継続的な支援の大切さを感じました。
・ここ(陸前高田市)の仮設の人たちはとてもあたたかい。一年以上経って、少し生活も落ち着いたせい?それだけではない心の豊かさを感じる。
・楽しかったり、温かい気持ちになって涙したり、とても真剣になて話し合ったり、本当に濃い時間を過ごすことができました。
・足湯に来る、というよりは、ボランティアさんに会いに来るという方が多く、こちらも嬉しい。
・「足湯の人は顔なじみが多いから安心して来れる」という声が多く、継続的な支援の必要性を感じる。

こうやってボランティアさんの感想を見てみると、足湯を通して被災者の方と触れ合うことでボランティア側も何かしら想いを受け取ったり、元気づけられたりしている様子も見られます。
こうした双方向のやり取りの中から実は被災した方々が自立をしていくのではないかと感じています。
ボランティア対被災者というやり取りではなしに、あなたとわたしという関係性が大切だと感じます!
posted by よりまさ at 16:32| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

千代田区でまけないぞう!づくり

みなさま、お世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。

7月27日(金)に千代田区でのまけないぞう作りを行いました。
千代田区社会福祉協議会では、昨年から被災地からの避難者を対象に支援活動を行ってきたそうです。
今回は、千代田区内でのサロン活動と共にまけないぞう作りを行っています。

まけないぞうづくりは、7月にスタートした新しい毎週金曜日のサロン活動で行なわれています。このサロンでは、被災地から避難している方々をサロンの運営スタッフとして雇用していて、サロンに訪れる方は千代田区在住の方ならだれでもという形をとっています。通常の千代田区社協のサロンでは60歳以上の方を対象にしているそうですが、今回のサロンには年齢制限がありません。

一度、運営スタッフの方向けにまけないぞう講習会を行い、その運営スタッフの方がサロンに来られた方と一緒にまけないぞうを作っています。既にサロンはスタートしていて、27日は第2回目のサロンでした。前回も来られたという方もいて、早くも10頭以上のぞうさんを作ってきてくれていました。「夜何かしていないと落ち着かないのよ。だからぞうさんがあるととってもいいの。」とおっしゃっていました。

しばらくはまけないぞう作りに通って、一緒に作っていきたいと思います。今後は皆さんが作り手さんとして活躍してくれればと思っています!

また、千代田区では福祉祭りという大きなイベントが10月にあるそうで、そのイベントでまけないぞうを販売したいということでした。雨でも4000人来るという大きなお祭りだそうなので、そこでしっかりまけないぞうを売ってもらいたいと思います!!
posted by よりまさ at 10:25| Comment(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。