2012年06月01日

事務所の庭のお掃除@神戸

みなさま

いつもお世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。
普段は東京勤務ですが、今回は神戸の事務所に戻った時に庭の掃除をしたので、その写真をアップしています。

当センターにお越しいただいたことがある方はご存じだと思いますが、事務所の庭は夏になるとジャングルのようになり、蚊が大量発生します。(今年はすでに大量に発生しています)
ですので、今回は思い切った大掃除となりました。

DSC01070.jpgDSC01078.jpg

事務所の屋根の上にのぼり、作業をしています。
DSC01069.jpg

その横ではまけないぞうの発送作業中。
まけないぞうの購入もどしどし受け付けていますので、ご興味のある方はよろしくお願いします!
DSC01079.jpg

今回は、スタッフ一同で汗を流しましたが、結局すべてはきれいにならず…
また来週あたりに作業する予定です。続きを読む
posted by よりまさ at 17:38| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月18日

ボランティアがなかなか来てくれない…

東京では、すっかり初夏の陽気になり日差しが暑く感じます。
足湯ボランティアも継続して東京から出発をしています。集まったつぶやきカードは5月2日現在、11181枚になっています。ボランティアさんもリピーターが多く、何度も被災地へ足を運んでくださっています。

先日、釜石市の生活応援センターから電話がありました。生活応援センターは、臨時の市の職員の方が仮設住宅の見守りやイベント活動などをおこなっているところです。釜石市の町中(比較的内陸部よりの地域)の地区は津波や地震の被害をほとんど受けておらず、住居や商店などもそのまま無事です。仮設住宅も点在しているのですが、ボランティアがなかなか入っていないところが多いそうです。やはり談話室がなかったり規模が小さい、自治会長がいないなどの理由があるようです。

こちらの生活応援センターの職員さんの話では、なかなかボランティアが来てくれないので是非足湯ボランティアに来てほしいとのことでした。足湯ボランティアは昨年の10月ごろから釜石市で定期的に活動をしています。現在は、ROAD足湯隊ではなく、静岡県ボランティア協会のボランティアさんが定期的に通っています。

仮設住宅の中には、集会所や談話室がない仮設住宅も多かったのですが、空き部屋を活用したり新しく建設されたりと、新しい集会所や談話室が設置されているところも増えてきました。しかし、なかなかうまく活用するところまでに至っていないところも多いのが現実です。

足湯ボランティアがきっかけになって新しい動きが出てくるようになれば良いなぁと思います。
posted by よりまさ at 12:00| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。