2012年10月02日

ボランティアが来るだけで嬉しくなる ボランティアが来るだけで嬉しくなる

みなさま、いつもお世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。

9月6日〜10日まで事務所がお隣の日本財団学生ボランティアセンター(GAKUVO)の引率者として岩手県に行ってきました。GAKUVOでは活動のアレンジを遠野まごころネットにお願いしています。ですのでガレキ撤去活動などの間に仮設住宅などを数か所回らせていただきました。

久しぶりに仮設住宅を何か所か回らせていただきました。
釜石では、今年度から仮設住宅支援員制度が出来て仮設住宅の集会所には常駐の支援員さんが配置されています。また、ボランティアの受付などは釜石市のコールセンターで行っています。仮設住宅の自治会の負担を軽減しようという仕組みですが、一方で集会所が使いづらくなったという声も一部では出ています。住民の方が自主的に集会所を使いたくても予約をしなくてはならなかったり、支援員さんが常駐しているので入りづらいということだそうです。
DSCF0001.jpg
※大船渡市の仮設住宅集会所。大船渡市でも支援員さんが常駐している。

全ての集会所でそういったことが起こっているわけではなく、うまくいっている集会所もありますが、住民の方が気持ちよく使える集会所に出来るようにしていかなければいけないと思います。仕組みだけではなく、現場でうまく支援が出来るために必要なことを考えていかなければならないと思います。
DSCF0041.jpg
※宮古市田老町の仮設住宅集会所。団地によっては自分たちで飾り付けをしたり花を植えているところもある。

ある仮設住宅では、「最近ボランティアはめっきり減ったのよ。寂しいわね。」と言われました。仮設住宅ごとにボランティアの数はばらつきがあるようです。久しぶりに出会ったこの方は、再会をとても喜んでくださいました。こうしてただ単に会いに来る人がいるというのも嬉しいといった様子でした。最後に「私たちも忘れないでね。」とポツリと言われました。

ボランティアがどうやって被災した方々に寄り添っていくのか、まだまだ課題はたくさんあると感じます。
それぞれのボランティアが色々なことを感じながら、考えながら活動していくことが大切ではないでしょうか?
posted by よりまさ at 11:22| Comment(0) | 仮設支援レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

第13回仮設支援連絡会を開催しました

みなさま、いつもお世話になっております。
被災地NGO恊働センターの頼政です。

9月5日に東京・日本財団ビルにて第13回東日本大震災仮設支援連絡会を開催しました。
※仮設支援連絡会とは?
仮設支援連絡会は、2011年6月に発足した会議で仮設住宅など被災地での課題について情報共有をする会議です。主に震災がつなぐ全国ネットワークの加盟団体や関係団体が集まっていますが、どのような方でも参加することが出来る会議です。

今回はゲストとして石巻市社会福祉協議会・災害復興支援対策課の阿部さんをお招きしてお話を伺いました。
石巻市での仮設住宅支援の状況などについて、わかりやすくご説明していただきました。
お話の中で出てきたことを何点かご紹介したいと思います。

・中高生ぐらいの子どもを抱えた世代はライフプランが立てづらくなった。ハローワークに行っても条件が厳しい。チェーン店・フランチャイズができ始めても復興できているわけではない。
・仮設住宅支援は3層構造で、訪問支援員がニーズを聞く→主任がまとめる→市役所につなぐもの・包括支援センターに回すものなどコーディネータが振り分けるという流れになる。
・メディアの取材で、「今ボランティアは足りてますか?」と聞かれた。災害ボランティアは終わりで、これからは本当の意味での支え合い、ボランティアの時期だと答えた。石巻でもVCに登録してもらった人たちに、また石巻に来てもらえるように情報発信しようと考えている。
・企業貢献が顕著に見られた災害でもあった。関東方面に、被災者雇用という形で若者が出て行った。石巻に雇用はなかったのでありがたい一方、過疎化に拍車もかかった。都市計画と地域福祉計画の整合性を付けていくということが重要

といったお話をいただきました。
ボランティアの役割も多様化している状況です。
今後に向けてどういったことが出来るのかしっかりと考えていきたいと思います。
posted by よりまさ at 17:12| Comment(0) | 仮設支援連絡会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

現地情報交換会@宮城古川を開催しました

8月26日に現地情報交換会@宮城古川を開催致しました。
今回は少し人数が少なめでしたが、約15名ほどの会議となりました。
※現地情報交換会とは?
被災各地の状況の共有、課題共有のため組織の壁を超えて連携し被災地支援の一助となることを目的に、2か月に1回程度被災地現地にて開催している会議。現場で起こっている課題を明確化し、対応策を全員で考える会議。主に各団体の現地担当者が集まる。

今回は各地域の課題について議論をすることが出来ました。
地域ごとに抱えている課題は違いがありますが、その中でも共通する部分もあります。
〇地元団体への引き継ぎ
活動を地元の団体へ引き継いでいきたいが、地元の団体の人材不足、スキル不足などがありなかなかうまくいかない。
〇仮設住宅とみなし仮設、在宅の方との間の溝
なかなか意識の差、感情等の壁があり、交流が出来ていない。どうやったらお互いの交流を増やせていけるか。
〇個人情報の壁
行政や社協などとの間に個人情報の壁があり、なかなか情報共有が難しい。
〇被災地グッズについて
販路の開拓がなかなか思うようにいかない。
作っているところは生きがいづくりを目的にしているのか、コミュニティビジネスを目指しているのか、様々な違いがある。

こういった課題を共有しました。
地域ごとに別々の課題もありますが、被災地の中で共通の課題もたくさんあります。
そういった課題を一つ一つ見つけ出し、解決に向けて知恵を出し合う場が大切だと感じます。
posted by よりまさ at 16:07| Comment(0) | 情報交換会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。